【働き方改革】うつでもフリーランスになれるのか

スポンサーリンク

この記事は、こんな人におすすめします。

・うつになって、フリーランスを考えている方
・会社に依存しない生活を考えている方

ちなみに、中の人は2019年にうつ病を発症しました。

その経験を元に下記のことが分かる内容でお届けします。

フリーランスのメリット、デメリットが分かります

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

うつでもフリーランスになれるのか

結論からどうぞ。

うつでも、フリーランスになれます

うつになってしまって、今後の働き方について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

復職する、

転職する、

起業する、

療養に専念する、

様々な選択肢が存在すると思います。

今回は、うつになった後にフリーランスとして働く場合について、紹介します。

スポンサーリンク

本当にフリーランスになりたいのか

フリーランスについて興味が湧いているあなた。

ここで、なぜフリーランスに興味が湧いたのかを考えてみてください。

今の会社が嫌だから、

自由な生活を送りたいから、

体調に不安が残るから、

理由は人それぞれあると思います。

フリーランスも良いけど、まずは復職や転職を考えている方、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

うつになって、就労支援やリワークという言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。

個人ではどうしようもないけど、なんとかして回復したいと考えている方、社会的支援を受けてみたい方は、こちらを参考にしてみてください。

様々な選択肢があって、フリーランスになることを躊躇う人も多いかもしれませんが、なろうと決心すれば、すぐになれます。

今が人生の節目です。

フリーランスについて、簡単に紹介しますので、実際に自分がフリーランスになるイメージを膨らませながら、読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

フリーランスのメリット

まずは、フリーランスのメリットについて、見てみましょう。

体調に合った働き方ができる

うつを経験したあなたにとって、体調はどんなに良くなっても、不安が残りますよね。

会社で働く場合、会社や部署によっては、体調に配慮した業務を行えるところもあります。

しかし、やはり会社ですので、永遠とその状況が続くとは限りませんよね。

そんな不安を取り除くとしたら、フリーランスとなって、体調に合った働き方を選択するのもひとつの手です。

流行りの働き方改革ですね。

本来の意味合いとは違いますが、フリーランスになるのは、まさに働き方改革だと思いますよ。

人生一度きりですので、あなたにぴったりの働き方を見つけたいですよね。

もしかすると、フリーランスがあなたが求めていた働き方なのかもしれません。

自由な生活を送れる

会社員に比べ、確実に自由な生活が送れます。

始業時間もなければ終業時間もありません。

時間に縛られることがなくなります。

会社に行く必要がなければ、会社すら必要ではありません。

あなた自身で働く場所を選べます。

フリーランスになって、最初に戸惑うのが、自由過ぎて何をしていいのか分からなくなったりすることだと思います。

それだけ、何にも縛られず、やりたいようにやりたいことができるのが、フリーランスです。

今の束縛された状況から解放されるには、フリーランスになることが唯一の近道なのかもしれませんね。

うつになった原因が会社にある場合、フリーランスになることで、うつの症状にとても良い影響を与えるかもしれませんよ。

大きく稼げる可能性がある

会社員時代、どれだけ働いても給与はあまり変わらなくてモヤモヤした経験はありませんか?

そんな状況では、やる気も出ないですし、やりがいを感じることはちょっと難しいですよね。

フリーランスになると、やればやるだけ稼げるかもしれません。

もちろん、稼げないかもしれません。

自分が努力すればするほど、結果が付いてくるのは、とても充実感を与えてくれますね。

もし、やりたいことや好きなことを仕事にするなら、楽しみながら稼ぐことも可能となります。

何度も言いますが、人生一度きりです。

歳を取って、自分の人生を振り返った時に、後悔しか残らないような人生にはならないように、今のうちから行動してみると、良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

フリーランスのデメリット

メリットがあれば、デメリットもあります。

デメリットにもきちんと向き合い、フリーランスになるかどうか考えてみましょうね。

体調に不安が残る

復職するにしても、

転職するにしても、

フリーランスになるにしても、

どうしても体調には不安が残ります。

フリーランスで自由を手にした変わりに、もし体調不良になった時の保障が、会社員に比べて少ないです。

常に安定した仕事であれば、体調を崩さずにやっていけるかもしれませんが、フリーランスは安定したとは離れたところに位置します。

そうは言っても、今の会社の中にうつの原因があるのに、また復職するよりかは、再発するリスクは減ると個人的には思っています。

うつ病は、再発しやすい病気と言われています。

体調面の不安が強い場合、フリーランスになる時期をずらすなど、様子を見ながら臨機応変に対応したいところです。

収入が不安定

メリットのところでも少し述べましたが、大きく稼げる可能性がある反面、全く稼げな可能性も否定できません。

収入が不安定だと、不安やストレスを感じ、うつの症状にも悪影響が及ぶ可能性もあります。

そうした不安を少しでも取り除くためにも、十分に貯金をしたり、戦略を練ることが大事かと思います。

しかし、昨今は新型コロナ禍の影響であったり、稼げない方も増えてきています。

国や市区町村からの支援なども期待できるため、もしもの時のために、調べてみるのも良いかもしれませんね。

新型コロナに関する支援の内容については、こちらのサイトが参考になると思います。

生活を支えるための支援のご案内

ですが、あまり考え過ぎたり、心配し過ぎると何も行動できなくなります。

幸いにもここは日本です。

最低限生活できるための制度は整っていますので、そこは安心して行動しても問題ないと思います。

自己責任

ほとんどのフリーランスの人が、自己責任の元で働いています。

請負契約を結んで仕事をするにしても、あなたの責任で仕事をこなさなくてはなりません。

損得なしに助けてくれる人は、身内や友達以外にはおそらくいなくなります。

中々大変に思うかもしれませんが、それが現実であり、社会です。

しかし、会社員の時を振り返ってみてください。

何かあったら会社が責任を取るとは言っても、結局は自己責任で仕事をしていませんでしたか?

何かあった時、あなたが責任を取って対処していませんでしたか?

結局、どんな仕事でも、自己責任は存在します。

会社員でもフリーランスでも、責任を負うのは変わらないと思います。

スポンサーリンク

フリーランスになるためには

フリーランスについて、メリットとデメリットが分かったところで、如何ですか?

フリーランスになるのも、ならないのも、最終的に決めるのはあなたです。

もし、フリーランスになると決めた方は、開業について詳しくまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

まだ、フリーランスになるかどうか迷っているという方は、起業についてまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

フリーランスになって、何をすればいいのか悩んでいる方は、独立するための方法についてまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

今回は、会社に依存しないためにも、フリーランスを考えている方のためになりそうなことを簡単に紹介しました。

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました