【体験談付き】うつ病の人におすすめな自律神経の整え方

スポンサーリンク

【体験談付き】うつ病の人におすすめな自律神経の整え方

この記事は、こんな人におすすめします。

・うつと自律神経の関係を知りたい
・どうすれば自律神経を整えれるのか知りたい

ちなみに、中の人は2019年にうつ病を発症しました。

その経験を元に下記のことが分かる内容でお届けします。

・簡単にできる自律神経の整え方が分かります

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

うつ病の人におすすめする効果的な自律神経の整え方

【体験談付き】うつ病の人におすすめな自律神経の整え方

うつ病と自律神経には密接な関わりがあります。

今回は自律神経の整え方を中心に紹介していきますので、うつ病との関係性が知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてみてください

自律神経失調症とうつの違いやめまい、疲れやすい、の原因とは

自律神経を整えるのは、身体的にも精神的にも良い影響を与えますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

無料でできる自律神経の整え方

無料でできる自律神経の整え方

まずは、無料でできる方法を紹介します。

朝起きて日光を浴びる

これは有名な話ですよね。目から光の刺激を入れることで、体内では「セロトニン」という物質が活性化されます。

「幸せホルモン」とも呼ばれ、自律神経を整える働きがあるそうです。

また日光をたっぷり浴びることで体内時計がリセットされ、体に活動と休息のリズムも生まれます。

そのため、不眠などの症状にも効果的です。

不眠について、まとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

中の人は、朝起きて日光を浴びると、だんだん目が覚めてリフレッシュした気がしていました。

継続してはいましたが、とっても効果があると実感は残念ながらできませんでした。

軽い運動

体を動かすことで心臓から血液が送り出され、セロトニンをはじめとした神経伝達物質が活性化し、爽快な気分になれるそうですよ。

まずは

散歩、

ウォーキング、

ヨガなど、

無理のない範囲で体を動かして徐々にうつで弱っていた身体を鍛えていくと良いと思います。

中の人は、昔から長距離走ることが苦手でしたが、ウォーキングだけ続けていきました。

最初は苦痛で仕方なかったのですが、継続していくうちに、だんだん気持ちが良いなと感じることも増えていきましたね。

うつの時にでもできる運動について、まとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

首を温める

首には太い血管が通っているため、温めることで全身の血流が良くなり、冷えや疲れが解消されやすくなるそうです。

首を温めることは副交感神経の活性化にもつながるため、心身をリラックス状態に持っていきやすくなります。

実際やってみると、結構気持ちが良いです。

明らかにリラックスしているなと実感ができましたので、1番おすすめしたい方法ですね。

他にも様々な方法がありますが、やってみて効果が実感できることが大切だと思います。

スポンサーリンク

有料でできる自律神経の整え方

有料でできる自律神経の整え方

次に、お金はかかりますが、おすすめの方法を紹介します。

自律神経矯正メソッド スローコアライフ

専用マクラで矯正!【スローコア】

お値段は少々張りますが、サイトを見てもらえば分かるように、なかなか効果は期待できると思います。

特許も取得しているようなので、信頼もできます。

上述でも首を温める方法を紹介しましたが、実践してみて首の大切さが分かった方は、この機会に更なる首へのケアをしてみるのも良いかもしれませんね。

睡眠の質を改善『リフレのぐっすりずむ』

ぐっすりずむ

他にも、睡眠をしっかりと取ることで、自律神経を整えることもできます。

シリーズ累計159万袋突破やモンドセレクション7年連続金賞等、豊富な実績がありますので、試してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

今回はうつ病と自律神経について、整え方を中心に紹介しました。

自律神経は、気圧によっても乱れると言われています。

気圧の変化がどのように影響するのか、詳しくまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました