【体験談】まさか自分がうつ病になるなんて(初期症状~発症)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まさか自分がうつ病になるなんて

まずは、私の簡単な自己紹介をさせて下さい。

高専を卒業した後、建設業を営む中小企業へと入社しました。

入社後は、初めての社会人として、慣れない環境、慣れない人付き合いなどに日々苦戦しながらも、それなりに充実した日々を送っていたかと思います。

入社して数年も経てば、ある程度仕事にも慣れ、

上司。

同僚。

先輩。

後輩。

お客様。

社外の知り合い。

どんどん増えていき、これから中堅社員としてより一層活躍することと思っていました。

入社して10年目を迎えようとしていた時、久しぶりの社内異動があり、一度配属された経験のある部署へと戻ることになりました。

今思うと、そこからが、長いうつ生活の始まりとなりました。

スポンサーリンク

体調の変化と考えの変化

異動して1,2か月経った頃、ある程度職場に慣れてきたなと思っていた矢先に、ちょっとした違和感を感じるようになってきました。

会社へ出ても、やる気が出ない、調子が悪い、最初は誰にでもあるような出来事です。

そんなこと誰にだってありますし、私も何度も経験してきたことなので、特に気にしませんでした。

しかし、いつまでたってもそんな調子が続いていました。

熱があるわけでもなく、風邪を引いた訳でもなく、身体には何一つ症状はありません。

結果、普段通り会社には出社し続けていました。

周囲の人に相談することもなく、そのうち良くなるだろうと自分で思い続けていました。

そのうち、仕事の物忘れや仕事の進め方が気になり始めました。

以前やったことのある仕事のやり方が分からなくなったり、ペースが遅くなってきたのです。

気付いた時には、仕事がどんどん溜まり、どうしようもない状況に。

そろそろやばいと思った時には、会社を仮病で休むことが増えてきました。

調子が悪いから仮病とは言わないかもしれませんが、分かりやすく熱がある、風邪を引いた、腹痛などと嘘をついていました。

スポンサーリンク

そしてついに・・・

周囲の人もその頃には心配をしてくれて、大分気遣ってくれたのは覚えています。

しかし、溜まった仕事を進めようにも、

進め方が分からない。

どうしていいか分からない。

何をしていいか分からない。

数値のチェックや集計作業もできない。

正常の時には考えられないようなことになりました。

伝えることが難しいですが、頭が常にパニックに陥っている状態で、思考がまとまらなくなってくるのです。

そして、2月頃に仮病で休んだのをきっかけに、出社不可となりました。

スポンサーリンク

続きは次の記事で

今思うと、出社不可になるまでの間、うつ病の兆候は出ていたのですが、当時はそんなことを考える暇もないほど焦っていたのかもしれません。

うつ病が発症する原因や考え方を変える方法について、下記に詳しくまとめていますので、参照してみてください。

【体験談付き】うつ病が発症する原因と考え方を変える方法
うつの原因ってストレスじゃないの?うつになった本人でも分からない本当の原因について、体験談を交えながら具体的に紹介します。

もちろん、全てのうつ病の人の症状が同じということはあり得ません。

人それぞれ兆候も症状も違うのですから。

続きは次の記事で記載します。

まさか自分がうつ病になるなんて(発症から病院を探すまで)

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました