【体験談付き】30代でうつになってしまったら

スポンサーリンク

この記事は、こんな人におすすめします。

・30代でうつになってしまった
・今後どうなるのか不安

ちなみに、中の人は30代でうつ病を再発しました。

その経験を元に下記のことが分かる内容でお届けします。

・今後のことが分かります

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

30代でうつになってしまったら

30代になって、

仕事でも、

プライベートでも、

責任やプレッシャーがが大きくなる人が多いですよね。

人それぞれ様々な原因がありますが、まさか自分がうつになるとは思ってもいなかったと思います。

しかし、なってしまったものは仕方がありません。

大切なのは、これからどのように過ごしていくかだと思います。

どのような選択肢があるのか、詳しくみていきましょう。

復職する

最初に思いつくのは、今の会社に復職することだと思います。

これは、復職する場合、職場にうつの原因があるなら、ためらう人も多いのではないでしょうか。

うつの原因がいまいち分からない方は、まずはこちらをご覧ください。

生活のため、

会社のため、

家族のため、

自分のため、

復職する理由は人により様々です。

ただ、なんとなく復職をするのは、再発する可能性もあるので、よく考えてみてください。

中の人が思うには、生活に困らなければ、さっさと辞めます。

この考えに至るまで相当な期間悩んで考えました。

ですが、結論として、うつになった職場に戻るのは正気の沙汰ではないと思いました。

しかし、生活するためにはお金を稼がなければなりません。

お金を稼ぐ手っ取り場合方法として、復職を考えています。

そして、今は復職に向けたリワーク支援を受けています。

リワーク支援が一体何なのか興味のある方は、詳しくまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

せっかくここまで働いてこれたし、今辞めるのはもったいないと感じる方も多いはずです。

もちろん、配置転換や業務内容を考慮してくれて、働きやすい職場に戻る可能性もあります。

しかし、どうしてもうつのリスクを考えると、この先ずっと同じ職場に勤務する気が起きませんでした。

いろいろな考え方がありますので、一概に復職が悪いとは思いません。

自分の状態と会社の状況などを考慮して、良い機会ですので、考えてみてください。

療養に専念する

案外見落としがちなことですが、状態がある程度良くなっても、まだ療養するのはありだと思います。

良くなったから働かないといけないと考えると、どうしても回復するのに悪影響が出てきます。

良い機会ですし、できる限り思う存分休んで、ゆっくりと今後のことを考えるのも良いかもしれませんね。

一般的に見ても、30代はまだまだ若い部類に入ると思います。

数年休んでも、挽回は十分に可能と中の人は思います。

しかし、療養に専念すると言っても、

何をしていいのか分からない、

お金に不安が残る、

本当に休んでていいのか、

様々な不安も出てくると思います。

そんな方向けに、療養中の過ごし方について、まとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

何か新しいことにチャレンジするのも良し、

資格の勉強をするのも良し、

旅行に行くのも良し、

人生は自分だけのもです。

後悔しないような考え方と行動を取っていきましょうね。

転職する

復職の次に思いつくのが、転職ですよね。

世の中転職する人や退職する人がどんどん増えてきています。

それでも、まだ転職したことがない、

転職するのが不安だ、

本当に転職していいのか、

転職ってどうすればいいのか、

始めての転職では、このような不安がたくさん出てきます。

幸いにも、30代はまだまだ転職するのに適した年齢と言われています。

新しい人生を歩むためにも、転職もひとつの選択肢に入れてみては如何でしょうか。

しかし、いきなり転職するのは不安だ、

どの転職サービスが良いのか分からない、

人材紹介って何、

転職するのに、不安を抱えると思います。

おすすめしたい

リワークサービス、

転職サイト、

人材紹介サービス、

など、詳しくまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

起業する

起業するなら早いほうが良いと言われています。

30代で企業して、果たして上手くいくのでしょうか。

その答えは誰にも分かりませんが、

現状を変えたい、

こんなことをやりたい、

魅力のある会社が見つからない、

そんな方は、起業も選択肢のひとつに入れてみては如何でしょうか。

この時代、幸いにも起業すること自体、大して難しくはありません。

起業のやり方から、どんなふうに事業を行っていけばいいかなど、調べればいくらでも見つかります。

大事なのは、起業して実現したいことがあるのかだと思います。

自己実現のため、

家族のため、

社会のため、

お金のため、

起業する理由は人それぞれです。しかし、そこがぶれてしまうと、起業しても失敗する可能性は高いです。

実際、起業して3年続かない会社が相当数あります。

自分の体調と将来の人生設計などをふまえ、たくさん考えて、悩んでみてください。

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

復職するのか、

療養に専念するのか、

転職するのか、

起業するのか、

どうするのが一番良いのかなんて、誰にも分かりません。

せめて、自分が一番納得する行動を取ってみてくださいね。

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました