【経験者目線】うつで欲がなくなった時のお話し

スポンサーリンク

この記事は、こんな人におすすめします。

・欲がなくなるとどうなるのか
・欲がなくなったらどうすればいいのか

ちなみに、中の人は2019年にうつ病を発症しました。

その経験を元に下記のことが分かる内容でお届けします。

・欲がない時に参考にしたいこと

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

うつで欲がなくなった時のお話し

うつになると、様々な症状が出てきますよね。

うつを発症して、1年程度療養した中の人にとって、1番辛かったのが、欲がないことでした。

欲がなくなるとどうなるのか、欲が出てきたらどうすればいいのか、経験談をふまえながら、紹介していきますね。

スポンサーリンク

欲がない時の生活

それでは、欲がなくなった時にはどんな生活を送ることになるのでしょうか。

必ずしも皆が同じ状態にはならないとは思いますが、多くの人が通る道だと思います。

基本的に寝たきりになる

欲がないと、人間の行動力がなくなると中の人は思っています。

睡眠を取るにしても、

ご飯を食べるにしても、

テレビを見るにしても、

何かしらの欲があるから行動できるものです。

そんな欲がなくなると、何かしたいと思うこともなくなり、寝たきりになります。

睡眠欲もなくなってしまった場合、寝ることもできなくなり、とりあえず横になることしかできません。

ただひたすら症状が改善するまで、時間が過ぎるのを待つのみになります。

言うのは簡単ですが、実際にその時間を過ごすのは、かなり辛かったと改めて感じています。

残った欲に頼る

人によって、欲が全てなくなる人と、かろうじて一定の欲が残る人がいると思います。

中の人の場合、食欲と喫煙欲だけが残りました。

基本的には横になって過ごし、ご飯と喫煙の時だけは、目標に向かって行動することができました。

しかし、食欲と喫煙欲だけがたまたま残ってしまったために、その欲に頼りきりでした。

お腹は減っていないのに、何か食べないと落ち着かない、眠れないと感じてしまい、結果過食に繋がりました。

吸いたくもないのに、喫煙を続け、頭が痛くなっても吸い続けました。

症状が改善されてきた今、改めて考えると、異常だったと思っています。

それだけ、うつの時は自分をコントロールすることができなくなります。

もし、あなたがうつになって、何かしらの欲しかないと感じたら、ほんの少しだけセーブするところから始めてみると良いかもしれませんね。

うつの症状について、欲がなくなる以外にも様々な症状が出てくると言われています。

どんな症状が出てくるのか、具体的にまとめた記事もありますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

時が過ぎるのを待つ

欲がない時は、時間の経過がひたすら長く感じます。

人間は何かに集中していると時間を忘れて没頭できますが、うつの時はそんなことできませんよね。

1週間、2週間、1ヵ月、2か月、ただひたすら時間が過ぎるのを耐えるしかなかったです。

中の人は2回のうつを経験しましたが、2回目は半年程度、辛い状況が続きました。

少しだけ調子が良くなり、欲も少しでてきたから行動するのですが、その後びっくりするくらいに疲れて行動できなくなりました。

うつの波とも上手く付き合いながら、徐々に徐々に症状が改善していきました。

うつになった人にしか分からない経験です。

あなたがうつになって、不安でいっぱいかもしれませんが、うつになった人は誰しもが似たような経験をしているので、安心してくださいね。

そして、ほとんどの人が紆余曲折しながら、うつを克服していっています。

辛い時期かもしれませんが、今はとにかく時間が過ぎるのを待ってみてくださいね。

スポンサーリンク

症状が改善されてきたら

時間が経過し、少しずつ症状が改善されてきていると感じている頃、本当によく頑張りました。

自分で自分を思いっきり褒めてあげてください。

これからも辛い場面が出てくるかもしれませんが、うつと上手に付き合って、乗り越えてくださいね。

ここからは、うつの症状が改善されて、欲も出てきた人向けに、おすすめしたいことを紹介していきますね。

何か始めてみる

症状が改善されてきたから、すぐに復職したり、転職したり、元の生活に戻ろうとするのは禁物だと思います。

あなたが思っている以上に、うつとは厄介な病気です。

再発率も高い病気ですので、まずはゆっくりと充分に時間を取って行動していきましょうね。

そうはいっても、時間を持て余すという人も多いかと思います。

時間を持て余しがちの人に、おすすめしたいことをまとめた記事がありますので、良かったらご覧ください。

何かに興味を持つなんて、うつが辛い時には考えられなかったと思います。

その気持ちを大事にすることで、これからの生活に潤いを与えてくれるかもしれませんよね。

決して焦らないこと

時間を持て余すと同時に、余力が出てくると思います。

今まで活動できなかった分、いろいろと行動したくなる気持ちは分かります。

しかし、そこで気持ちの赴くまま行動してしまうと、セーブが効かなくなり、反動でまたうつの症状が出てくることもあります。

そこで、意識的にセーブすることが大事になってきます。

自分をコントロールできると確信してからでも、遅くはないですよね。

決して焦らずに、ゆっくりと行動していきましょう。

簡単に見えて、実は結構難しかったりします。

これは、復職したあとの会社生活でも同じことが言えると思います。

休んでいた分、遅れを取り戻そうと張り切り過ぎる気配がするなら、あえてゆっくりと過ごしてみるなど、工夫してみると良いですよね。

もし、あなたが退職を考えていたり、転職を考えているのなら、なおのこと焦らないことが大切です。

うつを経験して人にとって、健康が何よりも大事だと気付けた人が多いと思います。

再発しないためにも、焦らずゆっくりとできることをこなしていきましょう。

復職や退職、転職を考えている人向けに、詳しくまとめた記事もありますので、良かったらご覧ください。

服薬は継続する

最後になりますが、中の人が再発してしまった時のお話しです。

うつが寛解して、無事に復職を果たして半年程度が過ぎようとしていました。

もうすっかりうつのことなんて過去のことだと考えて、主治医に話をして服薬を終了しました。

それが原因かは分からないですが、結果としてうつが再発してしまいました。

やる気もなくなり、欲もなくなり、無気力で寝たきりの生活に逆戻りしました。

2回目ともなると、1回目よりも症状が酷くて、症状が改善されるまで長い月日が掛かりました。

その時に思ったことは、なぜ服薬を途中で辞めてしまったのだろうという後悔でした。

症状が落ち着いたからといって、服薬を終えるのは少し危険です。

どうか、主治医とよく話したうえで、長い期間服薬を続けるとこをおすすめします。

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

今回は、うつで欲がなくなった時の話を、体験談をふまえて紹介しました。

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました