【うつ経験者が語る】復職の目安とポイント

スポンサーリンク

この記事は、こんな人におすすめします。

・復職の目安が知りたい
・うつから復職時のポイントが知りたい

ちなみに、中の人は2019年にうつ病を発症し、2020年に復職をして、2021年に再発しました。

復職と再発した経験もふまえ、下記のことが分かる内容でお届けします。

・目安とポイントが分かります

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

復職の目安とポイント

うつになって会社を休職しているけど、何を目安にして復職していいのか分からないと思っていませんか?

人によって目安は変わってきますので、正確には申し上げることができません。

しかし、うつ病の実体験を元に、復職の目安とポイントについて、紹介しますね。

スポンサーリンク

復職をする目安は?

まずは、復職するのはいつ頃なのか、目安について考えていきましょう。

本人が復職できると感じたら

復職するのはうつになった本人ですので、本人が復職できると感じたのなら、それは復職の目安になり得るはずですよね。

人によって、復職できると感じるまでに差があると思います。

中の人はうつを2回経験しました。

1度目のうつの時は、復職できると感じたのは、発症してから約4か月。

2度目のうつの時は、復職できると感じたのは、発症してから約10か月間。

うつは再発する度に、より症状が強くなり、重症化すると言われていますが、正にその通りだと感じました。

まだ復職なんて考えることができない方も、大切なのは焦らないことです。

中の人も、発症してしばらくは、復職できるとは思いもしませんでした。

復職できると思った方も、少なからず復職に対して不安が残るのは仕方のないこと。

そんな方は、客観的に復職できるか判断のできる就労支援やリワーク支援を受けてみることをおすすめします。

中の人は2度目のうつの後、復職できると感じてからリワーク支援を受け、中々大変でしたが、復職する前に受けてみて良かったと思えました。

リワーク支援が一体どんなことをするのか、具体的に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

支援者から聞く

うつから復職するのに、最初から最後まで自分1人の力で成し遂げるのは、ほぼ不可能かと思います。

家族や友達、会社の上司や同僚、病院の先生など、想像以上にいろいろな人が支援してくれているのです。

自分1人ではよく分からなくても、客観的に判断してくれる人から聞いたほうが、納得できますし、自信にも繋がりますよね。

なかなか支援者のほうから復職はこの日くらいなど、率先して教えてくれる人はいないかもしれませんので、こちらから聞いてみるのがおすすめです。

ただし、うつは目では見えないので、支援者からの意見を聞いたけど、自分が思っていることとのギャップが生じる可能性も高いです。

あくまでも、客観的なアドバイスとして受け止め、アドバイスを参考にあなた自身で判断すると良いかもしれませんね。

何かのタイミングに合わせる

具体的にいつ頃になるのかどうしても知りたい方も多いかもしれません。

そんな時におすすめしたい考え方として、何かのタイミングに合わせて復職するのも、ひとつの目安になります。

休職して〇ヵ月、

仕事の区切りが良い時期、

手当金の収入が満期を迎える時、

何かしらのタイミングに合わせることで、心理的にも楽に感じられます。

ちなみに中の人は現在休職中ですが、ちょうど1年経つ頃に、復職をする予定です。

スポンサーリンク

復職する時のポイント

それでは、目安がある程度分かったところで、復職する時に注意しておきたいポイントについて考えてみましょう。

流れに身を任せる

実際に復職をすることが決まった後、いろいろと考えてしまい不安になることを多いです。

そんな時には、難しいかもしれませんは、あまり深く考えずに、流れに身を任せると良いです。

流れに身を任せるのは、とっても楽です。

心理的にも精神的にも負担をあまり掛けたくない時期ですので、どっしりと構えて、あるがまま受け入れることが大切だと思っています。

復職当日になってから復職のことを考えれば良いのです。

出社してから、出社後のことを考えれば良いのです。

明日のことは明日その時になって考えれば良いのです。

今何ができるのか、

今何がしたいのか、

今どうすればいいのか、

今に集中して過ごしてみると良いですね。

少しゆっくりくらいが丁度いい

復職後は、今まで休んでいた分を取り返そうと、焦りがちになってしまいます。

人間の心理的に、焦るのは正常な思考だといえますよね。

そんな時に、意識的にブレーキを掛けることをおすすめします。

経験上、復職してある程度経つ頃には、働けることに喜びを感じ、嬉しくなってしまいます。

ついつい飛ばし過ぎて、しばらく経った後に調子が悪くなることもあり得ます。

それが、うつの怖いところですよね。

少し冷静に落ち着いて物事を考え、普通にできるけど、あえてゆっくりこなすくらいが丁度良いのかもしれませんね。

そんな余裕を持った復職生活を送ることをおすすめします。

服薬は続ける

これは、主治医ともよく相談したうえで決めて頂くのが1番良いかもしれませんが、服薬は続けたほうが良いと感じました。

中の人は、復職して割と間もない頃に、主治医に自ら訴え、服薬を早めに終えました。

これが直接の原因とは思えませんが、結果的に再発した時に、後悔しかありませんでした。

少しでも再発するリスクを減らそうと思うなら、調子が良くなってからもしばらくは、服薬を続けることをおすすめします。

スポンサーリンク

おわりに

如何でしたか?

今回は、うつで休職した後の、復職する目安とポイントについて考えてみました。

この記事が、少しでも多くの人の参考になれば幸いです。

うつに関することを他にも発信していますので、良かったらご覧ください。

うつブログ

最期まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました